ガーベラの花言葉

f:id:houonkansya:20190211192232j:image

 

黄色のガーベラの花言葉は〝究極美〟〝究極愛〟

 

わたしの1番好きな花です。

 

I want to encourage women to embrace their own uniqueness. Because just like a rose is beautiful, so is a sunflower, so is a peony. I mean, all flowers are beautiful in their own way, and that's like women too.

 

ミランダ・カーは言っているけど、わたしは黄色のガーベラになりたい。

 

究極に美しくて、究極に愛される。

 

百花春至為誰開(碧巌録)

「美しく咲き乱れる春の花はいったい誰の為に咲くのか」

誰のためでも、何のためでもなく、ただ咲く。

 

ただ、咲いている。

 

 

 

占いについて

わたしは占いが好き。

何人の占い師にお世話になったか分かりません。正直、お金の無駄だなと思ってしまった占い師さんもいます。

 

その中でも、オススメの占い師さん。

①三堀貴浩先生・手相

人生に悩んでいる方、一度見てもらってください。手相が中心ですが、ほかの手相の占い師さんと違うのは手相を生かしたアドバイス。あなたはこうですね、だけでは終わりません。どう生きていけばいいか、すごく指針ができました。自分にあった自己啓発、みたいなお話ですね。占いよりもそのお話を聞く価値あり。なかなかない視点からのアドバイスです。

 

②つぼぼ さん・西洋占星術

三堀先生は、占いというより人生相談の面でオススメですが、純粋に占いがすごいのがつぼぼ さん。

自分の今の状況、未来の運気はぴったりです。相性を占ってもらうのがオススメ。人間関係で対策が打ちやすいです。料金も良心的で申し訳ない。ブログも面白いです。

 

紫微斗数labo矢木 佑侑さん 紫微斗数

自分の業報因果を知ることができたのが良かったです。自分の適職については矢木さんの鑑定が良かったです。

 

鑑定結果を見直して、自分の言動を振り返るようにしています。

占いは天気予報のようなもの。占い師さんは人生のお医者さん。

占いを生かすのもなかなか難しいです。

でもせっかくなので、生かしていけるようにしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

大学生のうちにしておく5つのこと

人生でわたしが1番後悔しているのが、大学生活の過ごし方です。大学生活の過ごし方によっては、もう少し仕事が上手くいき、いい人生が送れたのではないかと。

 

大学生の皆さんへ。

大学生のうちにしておくべき5つのことを伝えさせてください。

 

①多くの人と関わってください。

同級生、先輩後輩、教授、バイト先のおばさん…など老若男女問わずできるだけ多くの人と関わってください。

人間関係に悩むと思います。でも、社会人になるともっと人間関係に悩みます。大学生のうちなら失敗も許されます。サークルもバイトもつらくなったら辞めればいい。しかし、仕事は人間関係がつらくてもなかなか辞めることはできません。大学生のうちに多くの人と関わり、人間関係の練習をしておいてください。

ちなみに、彼氏彼女は作らない方がいいと思います。ひとりの異性としか関わらないのはもったいないです。たくさんの異性の友人を、作り、彼氏彼女の前に、友人として深く付き合うといいと思います。大学生の友人、異性の友人は財産となるから。

 

②いろんな種類のバイトをしましょう

多くのバイトの経験は、社会人として働く中で役に立ちます。

 

③習い事をしたり、趣味を見つけてください

社会人になって、仕事ばかり…では人間的に成長できません。習い事や趣味を通して、仕事以外の世界を持ち、人間的に豊かになればなるほど、仕事にも良い影響をもたらします。

スポーツ、音楽、絵画…なんでも良いです。1つ見つけてずっと続けてください。

 

④家事のスキルを磨いてください

一人暮らしはするべきですね。わたしはしませんでしたが、実家暮らしでも料理や洗濯などできる限りやっておくべきです。生活面での自立を今のうちにしてください。

 

⑤読書やDVD鑑賞

多くの本や漫画を読んだり、邦画洋画を見てください。心を豊かにしてください。

どんな本、どんな映画に感動したのか…これがあるのかないのかでは人間として深みが違います。なかなか社会人となると時間が取れないので、今のうちに。

 

よく遊び、よく学べ。

まさにこの通りです。学ぶ前に、働く前に遊びが必要だなと今思います。

 

卒業できるだけの勉強はして、できる限り遊びに時間をかけて、心を豊かにしてください。

 

大学生のわたしに伝えたいですね。

今、社会人になり、この5つのことを必死で取り戻しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躁鬱病(双極性障害)付き合い方

躁鬱病になり、閉鎖病棟に入りました。きちんと薬を飲んで、正常な状態を取り戻すことができ、3ヶ月で開放となり、1年後に退院することができました。

 

しかし、その後何回か躁状態になり入院を繰り返してしまいました。

 

躁状態のときの言動で、多くの人からの信頼を失うことになりました。詳しくは言えませんが、人生が狂ってしまいました。今も思い出すとつらくてたまりません。

 

躁鬱病は、躁の状態を上手くコントロールすることが大事です。少し躁ぐらいの方が頭も働くし、明るくなれる、と躁鬱病の人はそう言うことが多いそうです。

わたしも少し躁ぐらいの方がいい、そう思っていました。

 

つらいですが、欲をかかないでください。少しだけ躁状態、というのは大変危険です。少しのきっかけでひどい躁状態になります。何度も言いますが、躁状態の言動で大切な人や仕事を失ったり、人生を狂わすほどの事件を起こしてしまう可能性があります。後悔してもしきれません。

 

わたしが、躁鬱病と付き合っていく上で気をつけていることは

①必ず薬を飲むこと→これが1番大事です

②睡眠をたっぷりとること→寝不足から躁状態になりやすいです

③火事場の馬鹿力を出したり、気合いを入れない→そのテンションから躁状態になりやすいです

④自分がテンションが上がることやものには気をつける→好きな仕事や趣味などにのめり込みすぎず、休憩を入れながら楽しむ

⑤テンションが上がっているときには人に合わない、連絡をとらない→これが1番難しいですが、頭に入れておくだけでも違います

 

薬を飲みながら、これらのことに気をつけて生活していけば、普通の生活を送ることができると思っています。

 

わたしも、頑張ります。

 

 

躁鬱病(双極性障害)発病

私は、躁鬱病双極性障害)と診断されました。 病歴2年ですが、今思うと兆候があったのは、5年前だったと思っています。

 

今大変躁鬱病に悩まされています。ネットで病名を検索し、体験談等大変役に立ちました。同じようにこの病気で悩んでいる方に何か役に立てばと思い、記事に残しておきます。

 

大学入学し1ヶ月が経ったところ、堪え難い倦怠感が続きました。ある朝起きると疲れが取れておらず、そのまま今日に至るまでほぼずっと倦怠感が続いています。 躁状態のときを除いて。病院に行き鬱の薬をもらっても変わらず。

 

それでもなんとか大学に通っていました。大事な実習や就職試験も乗り切っていましたが、今思うと、実習や就職試験では躁状態でした。

なんでもできる万能感があり、あまりの気合いの入りように周りの人は驚いていました。もちろん、結果は素晴らしいものでした。

 

しかし、その反動で次の日以降しばらく寝たきりでした。実習や試験、疲れたのかな、というレベルではなく、相当な倦怠感に悩まされました。そして、また変わらず鬱状態に。

 

そして、就職しなんとか働き出して、1年半が経った頃、事件がおきました。

 

寝不足が続いたことがきっかけだと思います。

夜、街を徘徊し、警察に保護され、一晩警察署で過ごしました。車をもうスピードで走らせ、途中で車を乗り捨て、何キロも歩いていたようです。すごく幸せな気持ちだったことを覚えています。また、妄想や幻覚がひどかった。

 

そのまま、精神科の閉鎖病棟に入ることになりました。未だに信じられません。警察に保護され、閉鎖病棟に入ることになったー真面目に生きていたわたしがそんなことになるとは、未だに信じられません。

 

躁状態のときは、自分が病気だと思いません。正常だと思っています。そこが難しいところです。閉鎖病棟にいたときは、病気でもないのになぜ自分が閉じ込められるのかわからず、苦しい思いをしました。あまりにも人が変わってしまったと周りの人が気づいても、躁状態の人を病院に連れて行くのは大変です。本人は正常だと思っていますから。躁状態の人を病院に連れていくには、検査に協力してほしいらしいよ、とかわたしの診察に付き合って、とか何かしら上手く言いくるめてください。

 

弁護するわけではありませんが、事件の犯人や、ストーカーをしている人、発達障害と診断されている人など…躁鬱病なのではないかなと思うことがあります。

 

躁鬱病の難しいところは、本人は病気だと分からないところです。

①まるで酔っ払っているような異常なテンション

②大言壮語になる、大きな目標を話し出す

③何かに取り憑かれたように寝る時間を惜しむくらいに勉強する、仕事をする、遊び出す

④いろんなことに手を出し始める

⑤こなしきれないほど予定を詰め込む

 

これらの兆候が見られたら、躁鬱病を疑ってください。

少しでも躁鬱病に苦しむ人が少なくなりますように。

 

 

 

 

報恩感謝

この世に生まれてきたことに感謝し、世のため、人のためにつくすこと。

わたしの信念です。

教えてくれたYさん、ありがとう。

誰かの役に立つように、少しでも励みになるように、記事を書いていこうと思っています。