大学生のうちにしておく5つのこと

人生でわたしが1番後悔しているのが、大学生活の過ごし方です。大学生活の過ごし方によっては、もう少し仕事が上手くいき、いい人生が送れたのではないかと。

 

大学生の皆さんへ。

大学生のうちにしておくべき5つのことを伝えさせてください。

 

①多くの人と関わってください。

同級生、先輩後輩、教授、バイト先のおばさん…など老若男女問わずできるだけ多くの人と関わってください。

人間関係に悩むと思います。でも、社会人になるともっと人間関係に悩みます。大学生のうちなら失敗も許されます。サークルもバイトもつらくなったら辞めればいい。しかし、仕事は人間関係がつらくてもなかなか辞めることはできません。大学生のうちに多くの人と関わり、人間関係の練習をしておいてください。

ちなみに、彼氏彼女は作らない方がいいと思います。ひとりの異性としか関わらないのはもったいないです。たくさんの異性の友人を、作り、彼氏彼女の前に、友人として深く付き合うといいと思います。大学生の友人、異性の友人は財産となるから。

 

②いろんな種類のバイトをしましょう

多くのバイトの経験は、社会人として働く中で役に立ちます。

 

③習い事をしたり、趣味を見つけてください

社会人になって、仕事ばかり…では人間的に成長できません。習い事や趣味を通して、仕事以外の世界を持ち、人間的に豊かになればなるほど、仕事にも良い影響をもたらします。

スポーツ、音楽、絵画…なんでも良いです。1つ見つけてずっと続けてください。

 

④家事のスキルを磨いてください

一人暮らしはするべきですね。わたしはしませんでしたが、実家暮らしでも料理や洗濯などできる限りやっておくべきです。生活面での自立を今のうちにしてください。

 

⑤読書やDVD鑑賞

多くの本や漫画を読んだり、邦画洋画を見てください。心を豊かにしてください。

どんな本、どんな映画に感動したのか…これがあるのかないのかでは人間として深みが違います。なかなか社会人となると時間が取れないので、今のうちに。

 

よく遊び、よく学べ。

まさにこの通りです。学ぶ前に、働く前に遊びが必要だなと今思います。

 

卒業できるだけの勉強はして、できる限り遊びに時間をかけて、心を豊かにしてください。

 

大学生のわたしに伝えたいですね。

今、社会人になり、この5つのことを必死で取り戻しています。